トップページ > お母さんの声・推薦者の声

お母さんの声 推薦者の声|皆様からのあたたかいお言葉をご照会させていただきます。

お母さんの声


ミルク・キッズ2才男児のお母さん

親離れができました。課題が楽しいようで、家でもいろいろやりたがるようになりました。

ミルク・キッズ3才男児のお母さん

人との関りが少しずつ上手になってきました。

ミルク・キッズ2才女児のお母さん

語彙が増えたり、身の回りの自分のことを積極的にやるようになりました。

リトルベンチャー・キッズ3才女児のお母さん

学年があがったクラスでは、「自分で考える」ということが中心で授業が構成されていると聞き他の詰め込み式の幼児教室とは異なっていると感じました。

リトルベンチャー・キッズ2才女児のお母さん

のりやハサミなど、家ではしていなかったことにいろいろ興味を持って遊びたがるようになりました。

リトルベンチャー・キッズ女児のお母さん

たくさんのお友だちと関りを持つ中で、人の気持ちの分かる子どもになって欲しいと思い通わせています。
また、先生方がとても明るく熱心に接してくださり感謝しております。

リトルベンチャー・キッズ1才男児のお母さん

順番待ちや説明(先生のお話)を少し聞けるようになりました。お友達と一緒にする楽しみがわかってきたようです。

リトルベンチャー・キッズ2才女児のお母さん

たくさんのお友だちと関りを持つ中で、人の気持ちの分かる子どもになって欲しいと思い通わせています。また、先生方がとても明るく熱心に接してくださり感謝しております。

プレベンチャー・キッズ年少女児のお母さん

親とだけしかすごしたことがないので、とてもわがままに育っています。多人数の生活の中で、協調性、整理整頓など、子どもに欠けているところが身についてくれればと思っております。

プレベンチャー・キッズ年中男児のお母さん

年少の一年間で「意見を言うこと」には慣れてきたようなので、今年はそれを「大きな声ではっきり言う」ように家庭でも心掛けますので教室でもご指導お願いいたします。

ステップアップ・キッズ男児のお母さん

2才よりサン・キッズにてご指導頂きましたおかげで、希望の幼稚園に合格させて頂くことができましたが、小学校に向けて年齢にあった知識や体験をさせて頂けたらと思っております。サン・キッズの明るく楽しい雰囲気の中で、レッスンを受けさせて頂けることが嬉しく、また、これからも望むことでございます。


本日が○○の修了式ということで、□□の頃から、約4年ほど大変お世話になりました。
お姉ちゃんのおかげもあって、サン・キッズという場所が一つのあこがれであり、
楽しい場所だと、とても楽しく通わせていただきました。
ひょうきん者で、調子に乗りすぎるところや、気の強い部分もあったと思いますが、
それでも○○の良さを理解して下さり、温かく見守ってくださったこと、本当に感謝しております。
正直、とても寂しいです…。
でも、キンダーのイベントなど参加して、又、お友達や先生方にお会いできたらと思っています。
□□も○○もいつも先生優しい、とサン・キッズの先生方のことを“大好き”と話してくれます。
お会いすることは減っても、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

拝啓
師走の候、皆様益々ご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。
この度、サン・キッズのミルククラスを退会させていただくことになりました。
1歳4か月で入会させていただきましてから2年半近く、本当にお世話になりました。茗荷谷をお散歩しているときにサン・キッズの看板を発見し、ふらりと見学させていただきました際に、お子様たちが大変明るく、生き生きと課題に取り組んでいる姿を見てその場で入会を決めましたことがつい先日のように感じられます。
生まれて初めての母子分離は、泣き喚いたけれどお弁当を食べたら元気になりましたと言っていただき、出てきた子供の表情も明るく、きっとこれは大丈夫だろうと安堵した記憶が懐かしいです。
子供は、サン・キッズで先生方が根気強く子供の「やりたい!」という気持ちを尊重してくださったおかげで、様々な事に自ら興味を持ち、率先して取り組む気質が養われました。私自身は自分の仕事と子育てのバランスの難しさ、いつまで経っても椅子に座れない等子供のお行儀の悪さや幼稚園受験をすると決めてからの葛藤など、子供が生まれてからこの3年間は辛い事の方がずっと多い日々でしたが、サン・キッズの送迎の度に先生方のいつも明るくて元気な笑顔に触れ、お話をさせていただくことで何度も気持ちを救っていたき、いつもサン・キッズに行くのが楽しみでした。
先生方はどんな時も状況を肯定的に受け止め、お優しいお言葉で子供と私ども親に心温まるお言葉をかけてくださいました。
わが子の事ですとどうしても、できないこと、ダメな点ばかり目が行ってしまいなすが、先生方とお話をすることで子供に対して明るく、良いところを大切に、寛大に接することの大切さを学ぶことができました。
子供もサン・キッズが大好きで、今日はこんなことをしたの、あんな話をしたよといつも聞かせてくれ、先生方がわが子のとりとめもないおしゃべりや静止できない落ち着きのない行動に丁寧に寄り添って付き合ってくださっていることを実感し、本当に感謝しておりました。
おかげさまで想定外の幼稚園に決まり、来年度も保育園をダブルスクールとして継続利用せざるを得ない都合で、ミルククラスに定期的に通うことがやはり難しく、年内いっぱいで退会させていただくことに致しました。
生まれて初めての子供だけで過ごす環境で、このように素敵な思い出がたくさんできたサン・キッズにお世話になれて心から良かったと思っております。
名残惜しく、寂しい気持ちでいっぱいですが、いただきました沢山の教えと思い出を胸に前向きに次のステップに進もうと思います。
今後もサマースクールなどにはぜひ参加させていただきたく存じます。
今まで本当にありがとうございました。今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
年の瀬を迎え、所持ご多用のことと存じますが、どうかご自愛ください。          敬具

この度は息子、○○の受験に際し、大変お世話になりありがとうございました。
お陰様で第一志望である麻布山幼稚園に合格することができました。
これもひとえに、赤池先生、担任の森先生をはじめサン・キッズの先生方のご丁寧且つ熱心な日頃のご指導のお蔭でございます。
息子がサン・キッズに通い始めてからは、先生方が常に楽しくご指導して下さったお陰で一度も嫌がることなく、楽しんで通うことができました。
勉強のみならず、息子の個性を伸ばし人間性も育てていただいたと感じております。
私たち両親は受験に不慣れなために相談させて頂くこともありましたが、
赤池先生に「○○くんは大丈夫ですよ。お父さん、お母さん頑張ってくださいね。」
と励まして下さった時、大変心強く嬉しかったです。
ありがとうございました。
今後はプレカラフルキッズでお世話になりたいと思います。
どうぞ今後とも、ご指導のほどよろしくお願い致します。

○○がお世話になり始めたのが、2016年3月、そこから丸4年間、本当にお世話になりました。
○○はthe女子な難しいところがあり、先生のお手を煩わせたことと思います。
それでも様々な角度から良い所をたくさん見つけていただき、受け入れてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
現在の核家族での子育ての中、時に「預かってほしい」とその目的が強く出てしまこともありました。
それでも未就園の短くて大事な時期を、保育だけではなく幼児教育をしてくださる環境で過ごすことができたこと、親子共々かけがえのない時間となりました。
サン・キッズの先生方が大好きな子どもたちと、先生方の笑顔に何度も救われた母親から、心からありがとうございました。
このような時期に色々と心配なことも多い日々ですが、先生方もどうぞご自愛ください。

この度は、森先生をはじめ、サンキッズの先生方のご指導のおかげで第一志望の枝光学園幼稚園からご縁を頂くことができました。心よりお礼申し上げます。
好奇心旺盛な息子は落ち着きがなく先生のお手を煩わせることも多かったと思います。
そのような息子を先生方は個性として認めてくださり、優しく時に厳しく根気強くご指導くださいました。今思い返しますと半年通ったミルクキッズクラスに加え、受験を意識し4月からステップアップキッズクラスを受講するようになったころから息子にも私自身にも大きな変化があったと思います。
息子は急激に語彙力が上がり、学ぶ楽しさを体験し、夢中になって課題に取り組むようになりました。また、受験に関するセミナーや毎回のマザーリングの時間を通して今の時期に何をしたらよいのかをご教示頂き、特に願書添削においては、志望園に合ったアドバイスをいただきました。
毎晩の様に夫婦で話し合い、書き直したものを何度もお目通しいただいたお陰で納得できるものが出来上がったと感じております。早めに願書添削に取り組めたことで実際の願書を頂いてから提出するまでの期間、心に余裕を持って過ごすことができました。
息子は夏期講習会を過ぎた頃から急に母子分離ができなくなり、朝の入室時には泣いてしまうこともありましたが、一度も休まずサンキッズに通い、帰りには朝の涙が嘘の様に「今日は先生と○○してね、頑張ったよ。サンキッズ楽しかった!」といつも笑顔で報告してくれました。この笑顔を見るたびにサンキッズにお願いしてよかったと確信しておりました。
この受験を通して育児について真剣に話し合い、家族が一つの目標に向かってよりよい方へと考え行動し、親子共に一回り成長できたのではないかと思います。
このような経験をさせてくださったサンキッズに改めてお礼申し上げます。

拝啓 晩秋の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
さて、この度息子の○○が無事に受験を終えることができました。
おかげさまで明徳幼児教室に合格することが出来、本人、家族もとても嬉しく思っております。
これもひとえに先生方の息子への優しく温かいサポート、私共へのご指導のおかげと心より感謝いたしております。入塾当初は場所見知りで涙しておりましたが、現在では新しいことにチャレンジする力が身につき、私共ではアプローチできなかったことを教えてくださり、先生方のご指導が息子の今後の園での生活に役に立つことと思っております。
本当にどうもありがとうございました。
本日は、先月いただきました受験のアンケートを送付させていただきました。
来年度以降の参考にしていただければと存じます。
まずは書中にてお礼申し上げます。
末筆ながらますますのご発展をお祈り申し上げます。
敬具

高輪校に通い始めて、約1年が経ちました。こちらに通うまで、母子分離の経験も、お友達と交流することも少なかったため、入会したものの通えるかどうか不安でしたが、3回ほど通った頃には、自分で荷物を持って手を振って教室に入って行けるようになりました。
この時期から幼稚園受験を検討しておりましたが、何から手を付けてよいのかわからない状態でした。また、子供の言葉が遅いため、3年保育でなく2年保育をめざした方がよいのか?など不安を感じておりました。このことを、新井先生・土井田先生に御相談させていただいたところ、成長のためには3年保育の幼稚園に入った方がよいとのアドバイスをいただき、さっそくミルク・キッズと合わせてステップアップ・キッズも受講致しました。
ステップアップ・キッズも受講し始めて、子供の語彙が増え、教えてもいない数字を読み始めたりと、驚く程いろいろなことを吸収していることがわかりました。受験が近づくと各幼稚園の傾向、面接での質疑応答について、ご指導いただき、本番の面接でも落ち着いて対応することができました。また、考査における自由あそびや母子分離についても、ミルク・キッズでの活動が非常に役立ちました。 志望園は、いずれも人気が高く、入園は厳しいかもしれないと覚悟しておりましたが、お陰様で無事に合格することができました。改めまして、御礼申し上げます。

お世話になり始めた頃は、母子分離もできず、じっと椅子に座って物事に取り組むことが苦手な娘でしたが、会を重ねる度に、それらが出来るようになり、目に見えて通学の成果が感じられるようになりました。
最近では、お友達との言葉でのコミュニケーションや順番を待つ、といった社会性の発達も見られ、先日は無事、希望の幼稚園への入園が決まりました。
早生まれのため、入園考査につきましては色々と心配しておりましたが、これも先生方の温かいご指導のおかげと大変感謝しております。本当にありがとうございました。

竹早小学校・筑波小学校の直前講習会に参加されたかたのメッセージ

親子活動の講座が大変良かったです。子どもが楽しみながら自信をつけたようです。ありがとうございました。

子どもが楽しんで受講することが出来たのがとても良かったです。内容も毎回違っていて、ためになるものばかりでした。

面接演習に参加されたかたのメッセージ

先日はご指導ありがとうございました。面接して頂いた事で改善すべき点が明確に分かりました。 短い時間で普段の子供の姿を伝える事の難しさを感じました。
良い経験をさせて頂きありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

演習で、どんな事を準備したらよいのか、どんな心がまえでいたらよいのか、また意識改革(特に父親)ができてとてもよかったです。
本番までにどこまで改善できるか、頑張りたいと思います。

この度は、ありがとうございました。 面接演習は、いつも通っている恵比寿校ではなく、白金校で行い、普段と違った雰囲気を経験することで、自分でも気づく点、高評で気づかされる点が確認でき、新たに勉強すべき点を見つけることができました。 今後に活かし頑張りたいと思います。

参加させて頂いて、とっても良かったです。幼稚園の面接を経験するのが父母共に初めての経験ですのでその緊張感を味わえてよかったです。 面接自体も、内容が本番にそっている感じだったので、勉強になりました。 そして、後日、プリントとCDを頂けて、復習もできたので、有難かったです。ありがとうございました。

質問内容を想定し、その準備等はしていたのですが、入室~着席~退席までの流れなどは一切練習していなかった為教えて頂いてとても助かりました。また普段女性の先生と接する機会が多いので、男性の先生との受け答えの練習にもなって良かったです。

推薦者の声

宮里 優作(みやざと ゆうさく)

プロゴルファー。兄・宮里聖志、妹・宮里藍、ともにプロゴルファー。
アマチュア時代は数々のタイトルを手にしただけでなく、ツアーでもたびたび優勝争いに加わっていた。
プロデビューは2003年。2006年の米ツアー『リノ・タホオープン』では1日2度のホールインワンを達成。国内ツアーではアルバトロスを2度記録している。

スクールに通うたび、引っ込み思案だった娘が、いつの間にか自ら積極的にコミュニケーションをとるようになりました。
子どもの可能性を信じて教育する「サン・キッズ」の教育方針には成長を見るたびにいつも感心しています。

石田 衣良(いしだ いら)

小説家 広告制作会社を経て、フリーのコピーライターをしながら小説を書く。
1997年『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞受賞。
2003年『4TEENフォーティーン』で第129回直木賞受賞。

自分からすすんで、楽しみながらちいさな世界を広げていく。ぼくは子どもたちの教育は、それが理想の形だと思います。
「サン・キッズ」には、うちのふたりの子どもも毎週かよっていました。苦手なところだとすぐに嫌だといって辞めてしまうのに、こんなに楽しげに続いていたところを見ると、教室の中にその理想の形ができているのかもしれません。

中林 三十三(なかばやし さとみ)

日本出版貿易(株) 取締役会長  ナカバヤシ(株)の創業者として、「フエルアルバム」の開発に携わり、ヒット商品として市場に送り出す。1987年日本出版貿易(株)入社 現取締役会長。

少子高齢化になればなるほど、子ども一人一人の能力の格差が目立つ時代にこれからの日本の社会はなっていくと思います。
したがって幼児のときから他者とのコミュニケーションをとれることと、さらに、自己表現ができる指導がその子どもの将来を大きく左右すると考えられます。サンキッズは、十年余りの幼児教育の歴史と経験の中で、幼児のそれぞれの才能を引き出していく方法がよく研究されていることに、改めて感心しています。